テストステロンが多い人は親分肌!テストステロン分泌が多い人の6つの特徴

歴史に名を残した偉人や経営者、スポーツ選手たちは、テストステロンの分泌されている量が多いです。

 

彼らは決断力に優れ、リーダーシップを発揮しています。実は、それにはテストステロンが関係しているんです。

 

テストステロンとは?

 

テストステロンは男性ホルモンの1種であり、男性ホルモンの中でも95%を占めるほどなので、当然、テストステロンの役割は大きいです。

 

男性が成長をするときにも必要不可欠なものに当たります。ながい男性の人生において3度も大きな働きをしてくれる時期があります。

 

テストステロンというと、思春期に大変大切な働きをすることが良く知られていますが、それ以前に2回、大役を果たしているのです。

 

 

まず1回目は胎児のとき。

 

人の性別を決定ずける大きな要因になるのがテストステロンになります。胎児のときに、テストステロンが働くことで生殖器が発達します。

 

そして、男の子として生まれるのです。

 

 

2回目は、生後2週間から6カ月にかけての時期。

 

脳の性差・発達に大きな影響を与えます。

 

 

3回目は思春期。

 

骨ががっちりとしてきて声変りもはじまり、ひげや陰毛も生えてきます。この大きな変化があるときにはテストステロンが大きな働きをします。

 

 

テストステロンの分泌の多い男性の傾向

 

テストステロンの心身に及ぼす影響は、多数あります。

 

例えば

 

  • 筋肉増大
  • タンパク質の同化作用の促進
  • 体毛増加の作用
  • やる気がでる
  • 快楽の増加
  • 痛みを和らげる

 

このような効果があります。これらの効果から、テストステロンの分泌の多い男性はこのような特徴があります。

 

  • 冒険心が強い
  • 好奇心旺盛
  • なぜか人に慕われる
  • 短い言葉で人に印象を与える
  • 親分肌
  • 女性にモテる

 

 

任侠の世界の親分とかにもテストステロンの分泌の多い男性が沢山いると言われています。

 

テストステロンを増やすには?

 

テストステロンは年齢とともに分泌が減少します。それを何かの形で補うことで、男らしさ、若々しさを保つことが可能です。

 

まず十分な睡眠を取ることが大切です。すべての基本となります。そして心構えとして、大きな目標をもち、それを追いかけるということが重要になってきます。

 

そして筋トレを欠かさず続けることです。

 

なぜ筋トレなのかといいますと、テストステロンの作用で筋肉増大という作用があります。という事はテストステロンの分泌が多い人は筋肉がつきやすいということになります。

 

筋トレをすることによってテストステロンの分泌は確実に増えますので、筋トレで増やせばいいのです。

 

まとめ

 

男性としてテストステロンが適切に分泌された状態を保つことが大切になります。そのためには、脂質をとるとか、サプリメントの力を借りつつ、永続的な筋トレを続けることが非常に有効な対処法になります。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*