テストステロンの分泌を活性化!ファーミアマッスルだけに頼らない食品とは?

テストステロンの分泌を促進するためには、何もファーミアマッスルだけではありません。

 

筋トレを行うことでもテストステロンは分泌されますし、ギャンブルや恋愛など、興奮する行動をすることでテストステロンの分泌は活発化されます。

 

 

ここでは、テストステロンを最も簡単に分泌されるための食べ物について紹介していきます。。

 

 

男性ホルモン(テストステロン)の働き・効果とは

 

テストステロンは男性ホルモンの大部分を占め、つまり男らしさといわれる大部分のものにテストステロンは関わっています。

 

筋肉量を増加し、太い骨格やヒゲ、体毛を生やすなどの外見上の変化、そして生殖機能の向上もつかさどる働きをします。

 

 

具体的に、テストステロンの効果を実感するのは思春期になります。中学生になった頃からヒゲや体毛の増加、性への関心などが目立ってきて、子供であった小学生の頃とは雰囲気が変わってきます。

 

「幸福感」「楽しみ」といったプラスの感情を作り出したり、ドーパミンの産生を促すという、人間が前向きに生きていくために欠かすことのできない重要な働きをします。

 

 

具体的には、性欲を上げる、記憶力・集中力を上げる、モチベーションのアップが有名です。

 

そして、フィジカル的には筋肉量アップと筋肉の維持、精神を安定に保つのにも一役買っています。また、年齢による衰えろ感じなくなるなど、アンチエイジング効果も秘めています。

 

 

やがて成人して、コンスタントにテストステロンの分泌がなされる。成人期に入り30歳くらいまではその状態が続きます。

 

 

ただ、ピ-クが過ぎるとテストステロンの分泌量は低下し始めます。 疲れやすかったり、気持ちが前向きになれなかったり、性欲の低下を感じたりするのは、テストステロンの低下が関わっていることも考えられます。

 

男らしさを作るテストステロンを増やす食べ物とは?

 

男らしさを形作る男性ホルモンであるテストステロンは、中学生のころから分泌し始め、20代をピークに年齢とともに分泌量は減ってゆきます。

 

だんだん減っていくテストステロンの分泌量の低下を抑えるために、有効な食事があります。

 

それは、亜鉛を含む食品、ネギやニンニクなどを中心にタンパク質やビタミン、乳製品、繊維質、ミネラルなどがあげられます。

 

例えば

 

  • 玉ねぎ
  • 牡蠣
  • 鶏胸肉

 

いわゆる昔から「精のつくもの」といわれている食べ物も、この分類で含まれます。これらの組み合わせを考えると「親子丼」を食べると効果的ですね。

 

昔の人も、何を食べたらテストステロンの分泌が活発になるかということを経験的に知っていたのですね。

 

 

まとめ

 

男性の活力の大元であるテストステロンは、30代を境に分泌量が下がってくるが、亜鉛やタンパク質を含む食品を摂取することでカバ-できます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*